マネービルダー(金融ニュースチェック)

お金に関するニュースをチェックして、資産運用や節約に役立ててます。

クレジットが使えない機会損失

クレジットカードのお店への導入は、
時間や手続きの手間、
そして、導入費用がかかるそうです。

なので、小さな個人商店ではあまり入れたくないようですね。

しかし先日、小さな近所のパブの方が云っていたのですが、
海外からきた団体のお客さんが、
日本円を現金で持っていなかったため、
来店をあきらめたそうです。

それを見て、お店へのクレジットカード導入を決心したのだとか。

やはり「機会損失」という意味で行くと、
クレジットカードが使えないということは、
かなり大きな要素になるのですね。

日本では現金での支払いが圧倒的に多いですが、
欧米ではカード決済が多いですし、
中国などのアジアからの観光客も日本ではカード決済を希望する人が多いですからね。

それと、中国からの観光客向けには、
今までは銀聯カードでの支払い環境を整えておけば良かったですが、
今ではアリペイなどスマホ決済の環境も整えないといけなくなっているようですね。


------------------------------------------

クレジットカード導入のメリットに関する自由記述式の回答では、「現在では単価に関係なくクレジットカード決済を希望する顧客が増え、導入しないことで見込み客を逃す可能性が高まった」など「機会損失の削減」を理由に挙げる者が目立った。また「接待や社用需要を取り込める」、「高単価の顧客を引き込める」「団体客は支払額が大きくなるので団体客を引き込める」など「法人・宴席需要の取り込み」「客単価の向上」をメリットとしてあげる者も多かった。さらに「会計時の処理時間が短縮される」、「店も顧客も小銭を準備する手間が省ける」など「会計・決済事務の効率化」をあげるものが多かった。

(エコノミックニュース (プレスリリース) 2017年12月13日)
-------------------------------------------

買い物でポイント〇十倍

クレジットカードを使う際の、
ショッピング利用でのポイント〇倍は、
ほんとうにお得になるのかどうか、
チェックする必要があります。

あまりあてにしないで、
自分が必要な分使うつもりでいるのがいちばんですが、
せっかく使うのだから、どうせならポイントが入った方が、
と思う人もいますよね。

しかし、その「最大〇十倍」などの誇大な表現は、
うそというわけではないようです。

限られた条件の中にはなりますが、
確かにそうなるときもあるからです。

ただ私の場合は、モール経由にするのがどうしても面倒で、
それほどあてにはしていないのですが。

多くのクレジットカードの場合、
カード会員のためのポイントモールを運営していますよね。

だから、面倒でない方は、
ネットショッピングの際には、
ポイントモールを経由してみるといいかも。

ただ、楽天カードやAmazonカードは、
ポイントモールはやっていないですよね。

------------------------------------------

最も騙されやすいのが「ポイント最大◯倍」という表記。そのなかでも「最大20倍」「最大30倍」といったものは、たいていはポイントモールを経由してネットショッピングをした場合に得られる倍率で、なおかつその倍率を得られるケースはごく限られたショップ(たいていはウイルスソフトの購入)を利用した場合のみ。大半のショップは2~3倍で、個人的には規制が必要と思っているくらい悪質な宣伝と考えている。

(マイナビニュース 2017年11月30日)
-------------------------------------------

リクルートカードとnanacoチャージ

リクルートカード、高還元率で有名なのですが、
契約を思い立つときがなくて、
ぜんぜん機会のないままでした。

ですが最近、美容院にいくときに
予約するために使うようになったアプリが、
リクルートの会員IDとかを使うせいか、
リクルートカードをすすめられるようになりました。

アプリ画面で、
いまこれを登録すればポイントがもらえる、
というようなキャンペーンです。

でもクレジットカードは
けっこう枚数を持っているので
今のところ登録はしていません。

これ以上枚数を増やして、
使うクレジットカードが分散するとポイントを貯めるのに非効率な気がしますし、
管理もちょっと面倒かな、と思って。

ただ、nanacoをクレジットカードチャージするときに
チャージのポイントがたまるという記事があってので、
ちょっと検討しようかなと思っています。

nanacoは、クレジットカードチャージで
ポイントが貯まるカードってあまりないですよね。

セブンカードプラスくらいでしょうか。
でもセブンカードプラスは、
nanacoチャージで貯まるポイント還元率は、
0.5%だか1.0%ですよね。

リクルートカードだと1.2%です。

ただ、私は、普段Edyをオートチャージしているため、
そういうのがあればnanacoを使おうと思うのかも。

------------------------------------------

電子マネー「nanaco」と利用する場合には、クレジットカードで入金(チャージ)ができる「リクルートカード」を紹介したい。年会費無料だが還元率が1.2%の高還元率を誇る。電子マネーを利用すると、クレジットカードと同じようにポイントが貯まることが多く、一般的に還元率は0.5%から1%程度である。つまり、クレジットカードで電子マネーにチャージしてから電子マネーを利用すれば、クレジットカードと電子マネーの両方のポイントを得ることができる。上記の場合には、1.2%に0.5%を加えた1.7%分のポイントが還元されることになる。セブン-イレブンなどセブン&アイグループをよく利用する人にはおすすめだ。

(ZUU online 2017年11月30日)
-------------------------------------------

個人商店はクレジットカード使えない

日本ではクレジットカードが使えないところが多い、
という評判があるのだとか。

海外にいったことがないので実感はないですが・・・

地方都市に限らず、首都圏でも、
個人商店はクレジット決済が「できない」とおもっていたほうがいいくらい、
利用は難しいですよね。

でもそれが悪いというか不便とは、
わたしは感じたことがなかったです。

そういうものだと思っていたからかも。

クレジット決済は便利ですが、
かならずできないと困るわけではないです。

それができたほうが便利でも、
お店の経営者がそれでよしと思う運営をしていって、
それにそぐわなかったものは導入しない、
というのは決済に限らず、お店経営の自由ですからね。

そもそも、日本は、偽札の流通が少ないという安心感で、
現金決済が多いとも言われていますし。

中国がスマホ決済が急速に広がったのは、
偽札の流通が多いという事情もあったみたいですし。

それと、現金をある程度多く持っていても、
強盗に遭うなどの犯罪件数も日本は低いということも関係しているかも。

欧米のクレジット決済やデビットカード決済が普及しているのには、
現金を多く持っていると犯罪に遭いやすいということもあるのでは。

ただ、訪日観光客が増えているので、
そういう人たちの利便性を考えて
クレジット決済などの体制を整えていかなければならない
というのもわからないではないですね。

------------------------------------------


「日本では意外なほどクレジットカードが使えない」。

訪日旅行者などからよく聞く声だ。
個人経営が多い飲食店などでは端末の設置コストを嫌がり、現金払いのみとする店が多い。

そんな現状を変えようと、決済のベンチャー企業が地域金融機関と手を組んだ。

スマホやタブレット端末につなげるカード決済端末を提供するベンチャー企業のコイニー(東京・渋谷)。

まずはカード払いがどのくらいの店で可能か、全国の駅周辺や市の飲食店を独自に調べた。
最も高い恵比寿駅や銀座駅の周辺でも67%、最も低かった会津若松市では14%だった。

(日本経済新聞 2017年11月21日)
-------------------------------------------

クレジットカード支払いと親の利用

未成年のうちにクレジットカードをつくって、
それを親に預けっぱなし、という人は、
実は多いのかもしれません。

別にいいのですが、
知らないうちに親がつかって、
ちゃんと返済をしていない、
などのことになってしまうと、大変ですね。

支払いがちゃんとされていないと、
ブラックリストにのってしまって、
後からその経歴をカバーするには、
年数がたたないといけなくなってしまいます。

それが自分の支払いだったら、まだ調整もできますが、
親の支払いとなるといろいろな感情も残るでしょうし、
できるだけ避けたいですね。

であればやはり、
大人になったらお金はきちんと自分で対処するように、
考えたほうがいいと思います。

------------------------------------------

この間携帯を契約しようとした所、審査に通らず落ちたことについて思いあたりがなく18才の時に作ったクレジットカードを未成年な事もあり母親に預けていたことを思い出したので使ったか聞いた所、一度使って支払いを15日遅れたけど支払いした。と聞きました。
夫は信用出来ず、信用情報開示の申し込みをして昨日届いたのですが、支払いをしておらず代位弁済されていました。

(弁護士ドットコム-2017年11月12日)
------------------------------------------- 

ひとの家計簿をみて自分を直す

ひとの家計簿やマネー管理簿のチェックは、
なかなか役に立つようです。

わたしは先日ファイナンシャルプランナーに相談するために、
収支をつけたエクセルの表を添付するようにいわれて、
クレジットカードの利用歴などをチェックして、記載しました。

そしたらそれをみた知り合いが、
それを参考にして自分をチェックしてみるといっていました。

自分だけだと、
多いのか少ないのか比較の対象がないので考えにくいですが、
ひとのを見せられると、
自分が使っているクレジットカードとは違うし、
利用するポイントも違ったりするので、
経済状態を把握しようという刺激になるのかも。

------------------------------------------

同書では“づん一家”の1カ月を1日ごとに紹介。ページをめくるにつれ、「づんの家計簿」が完成していく様子がわかるようになった。

 また家計簿のつけ方だけでなく、づん流整理術や生活のコツも大公開。「クレジットカードの使用履歴と家計簿のチェックは月に1回」「買う前に見直して持ち物チェック」「まとめ買いは月に3回」「スタンプなど小物使いで家計簿をおしゃれに」など、様々な工夫が紹介されている。

(ダ・ヴィンチニュース-2017年11月1日)
------------------------------------------- 

ETCカードを急いで作るには

7月に入りましたし、
早い人は夏休みをとりはじめている人もいるようですよね。

夏休みを比較的長く取れる人なら、
海外旅行や国内旅行にでかける人もいるでしょうし、
お盆に故郷へ帰省するという人もいますよね。

国内旅行や帰省をされる方で、
高速道路を利用される方はETCを使うと
やはり割引があっていくらかは料金が安くなるのでおすすめです。

ETCを利用するには、
車にETC車載器を付け、それにETCカードを差し込まなければなりません。

ETC車載器はカー用品店で取り付けとセットアップしてくれます。

ETCカードはカード会社に申し込んで作ります。

ETCカードの発行までは
カード会社にもよりますが約2週間前後かかると言われています。

ですので、夏休みに高速道路をETCで利用予定の方は
ある程度の余裕をもって申し込んでおいた方が良いです。

でも、利用寸前にETCカードを作るのを忘れたと気付いた方でも、
その日の内にETCカードを作ってくれるカード会社もあります。

そういう、即日発行対応のETCカードについて紹介されているのが
⇒こちらの「即日発行ETCカードの作り方」です。

クレディセゾンで発行しているETCカードなら、
何枚か即日・当日発行に対応されているとのこです。

スマホアプリのスマホサイフ

アプリに登録しておいて電子マネーを使う、
という方法、スマートですよね。

スマホアプリの「スマホサイフ」は、
カードを登録することでカード本体を持ち歩く必要がなくなるアプリだそうで、
イメージとしては、アップルペイも同じ感じでしょうか。

Tカード、マツキヨのカードや、モスバーガーなどの食べ物、
アパレル、それからAndroidなら、楽天Edyなどの電子マネーも
利用可能になるそうです。

iPhoneだと利用できないのですね・・・

そういう面ではさまざまなアプリが対応するAndroidは柔軟性があって、
電子マネーへの対応も柔軟そうです。

ただ、私は、なんでもかんでも、
スマホのアブリへ登録するのは
ちょっと躊躇するタイプなんです。

とくに、カード情報なんかを登録するのは、
スマホをなくしたとくのことを思うと、
誰かに不正利用されはしないか、
新しいスマホを買ったとして、
そのスマホへ情報を簡単に移動できるのか、
などを考えると、やっぱりやめておこうと思うのですよね。

------------------------------------------
スマホアプリ『スマホサイフ』は、店舗のポイントカードを登録することで、カード本体を持ち歩かなくてよくなるアプリです。
対応しているカードは、Tカードやマツモトキヨシのほか、モスバーガーにクリスピークリームドーナツといったフード系、ユナイテッドアローズやアメリカンイーグルといったアパレル系、QUICPayや11月中旬より利用可能となる楽天Edyといった電子マネー系など20種類(電子マネーはAndroid端末のみ利用可能)。今後、さらに対応カードは増える予定です。

利用開始時に必要な個人情報は性別のみ。また、パスワードと秘密の質問を設定する必要があります。

(ライフハッカー[日本版]-2017年10月27日)
------------------------------------------- 

ECとオフラインの差がなくなる

楽天の三木谷さんは、
ECサイトを念頭に「オフラインとオンラインの境目があいまいになりつつある」といったそうです。

そして、オンラインの取引が進化して、キャッシュレス社会が来るとも。

わたしは、楽天ポイントやTポイントが、
ネットショップでもリアル店舗でも、
シームレスに使えるようになってきてから、
どんどんそれが近づいている感じがします。

完全にキャッシュレスになることはないと思いますが、
利用者が両者を区別せず電子マネーで決済するようになれば、
自然にそのかたちが進む気がしますね。

そのほうが便利ですし。

ただ日本は、他国に比べてキャッシュレス化は遅れているようですよね。

日本は偽札がほぼ流通していないこと、
そして現金指向が強いことが理由として挙げられています。

中国でクレジット決済や電子マネー決済が急速に広がった背景に、
偽札がとても多く出回っていることがあるも言われています。

------------------------------------------
三木谷氏は3つのことに注目していると述べた。まずは、ECサイトなどを念頭に「オフラインとオンラインの境目が曖昧になりつつあること」だ。二つめが、オンラインでの取引が進化することによる「キャッシュレス社会の到来」。そしてもうひとつが、企業におけるファイナンスの意志決定や経営の意識決定などがAIによってなされるようになるということ。属人的な判断が排除され、コンピュータにとってかわられることで精度高くなる可能性があるという。「これら3つのことは、今まさに進展しつつある」と述べた。

(ITpro-2017年10月18日)
------------------------------------------- 

学生がクレジットカードをつくる理由

まだ収入のない大学生も、
いまやネットでお買い物するのがかなり当たり前になってきています。

クレジットカードを持っている学生も多いですね。

わたしの知り合いは、
でも収入がないのはやはり不安だということで、
親の家族カードを使っている人が多いです。

親の家族カードだと利用履歴がみられていやだという面はあるかもしれませんが、
親の口座から引かれるので、安心は安心ですね。

しかし、バイトとかで自分で支払えるお金が増えてきたら、
よく注意して使うことを前提に、
クレジットカードをつくってみるのもいいかもしれません。

自分の口座からお金を支払うことで養える感覚とかもあると思うからです。

でも、ネットショッピングの決済では、
クレジットカード決済でも、
デビットカードやブ゜リペイドカードでもできるんですよね。

そのことを、まだ知らない学生さんも多いのではないでしょうかね。

海外旅行でもデビットカードもプリペイドカードも使えるし。

------------------------------------------

第1位「ネットショッピングの決済時に必要だった」60人(24.6%)
第2位「加入すると特典が付くキャンペーンや割引があった」46人(18.9%)
第3位「海外旅行に行く際に必要だった」42人(17.2%)
第4位「クレジットカードを持てる年齢になった」25人(10.3%)
第5位「現金を持つのが煩わしいと思った」16人(6.6%)

(エキサイトニュース-2017年10月9日)
-------------------------------------------
ギャラリー
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ