マネービルダー(金融ニュースチェック)

お金に関するニュースをチェックして、資産運用や節約に役立ててます。

Suicaの簡易版システムが2020年に登場

Suicaは大変便利ですが、
首都圏でしか使えない、
というのが不思議なくらい
認知度は全国で高いですよね。

やはり、首都圏に出向くことが
それだけみんな少なからずあるということなのでしょう。

首都圏に行けばSuicaの販売機があって、
そのときだけ利用することも可能です。

便利ですから、自
分の住む地域で使えるかどうかは置いておいて、
とりあえず使ってしまいます。

そうやって買ったSuicaが、
毎回忘れて数枚あり、
使いきるのはコンビニとかでした。

でも簡易版ができるということは、
それはもしかしてアプリとかになるのでしょうか。

機械の導入をしなくて済むなら、
一気に普及率が高まりそうですね。

------------------------------------------

JR東日本の深沢祐二社長が、「Suica」の導入費用を大幅に減らす簡易版システムを早ければ2020年内に導入する方針であることを明らかにしました。
簡易版ではクラウド技術を活用し端末側で情報を持たないシステムにすることで、導入コストを引き下げられるとしています。
簡易版により、東北地方など現在Suicaが利用不可能なエリアでも導入ができるようになると想定されています。

(bitdays (プレスリリース) 2019年2月6日)
--------------------------------------------------------  

ETCカードを急いで作るには

7月に入りましたし、
早い人は夏休みをとりはじめている人もいるようですよね。

夏休みを比較的長く取れる人なら、
海外旅行や国内旅行にでかける人もいるでしょうし、
お盆に故郷へ帰省するという人もいますよね。

国内旅行や帰省をされる方で、
高速道路を利用される方はETCを使うと
やはり割引があっていくらかは料金が安くなるのでおすすめです。

ETCを利用するには、
車にETC車載器を付け、それにETCカードを差し込まなければなりません。

ETC車載器はカー用品店で取り付けとセットアップしてくれます。

ETCカードはカード会社に申し込んで作ります。

ETCカードの発行までは
カード会社にもよりますが約2週間前後かかると言われています。

ですので、夏休みに高速道路をETCで利用予定の方は
ある程度の余裕をもって申し込んでおいた方が良いです。

でも、利用寸前にETCカードを作るのを忘れたと気付いた方でも、
その日の内にETCカードを作ってくれるカード会社もあります。

そういう、即日発行対応のETCカードについて紹介されているのが
⇒こちらの「即日発行ETCカードの作り方」です。

クレディセゾンで発行しているETCカードなら、
何枚か即日・当日発行に対応されているとのこです。

デビットカードのメリットと特徴

デビットカード、
わたしは持っていないので
使ったことがありません。

でも便利なものだとは知っています。

クレジットカードとは違って、
銀行の残高から支払いが即時でされるカードですよね。

即引き落としされる、ということは、
お店のレジなどで決済されると
金額が直結して落とされるということですよね。

クレジットカードの場合は
次の月までは借金になりますし、
まあ1回払いならひとつき次の月送りになるだけですが、
数回払いになったら少しでも利息を払わないといけなくなりますからね。

そして、デビットカードは銀行のカードですから、
キャッシュカード、ポイントカードも一緒になっているのが普通なので、
銀行のサービスを便利に利用することが当然できます。

ただ、確かに一体型のカードは複数の機能が集約されているので、
なくしたときはちょっとリスクが高くはなりますね。

------------------------------------------

つまり、デビットカードは口座残高以上の決済はできないようになっているので、身の丈を超える買い物をしてしまう心配もなく、“ほぼ現金と同じように使える”のが特徴である。もちろんコンビニでも使える。

一体型のカードは複数の機能が集約されている点は便利であるが、万が一無くしてしまった場合のリスクは大きくなるので、注意も必要である。

(@DIME 2019年2月2日)
--------------------------------------------------------  

ファミペイは後払い決済が可能

ファミリーマートには、
TマネーがあってTポイントがあって、
T関連の人は利用者が多いのではないでしょうか。

でもTマネーはファミリーマートで
チャージするというところは面倒です。

現金チャージを中心に電子マネーを利用するのは、
私の場合は、二度手間な感じがしてしまうのですよね・・

現金とTポイントカードでよいのでは、と思う感じです。

それが、今度利用できるようになるという
スマホ決済の「ファミペイ」では、
電子マネーが足りなくても、
あとは後払いで、というのが可能なのだとか。

特徴的なのは、後払い分がカード払いになるのではなく、
電子マネー決済で把握している顧客の信用調査をして、審査するそうです。

それだけきっちりと、金融状況の把握できる電子マネー決済になる、ということですね。

ツケ払い的な感覚でしょうか。

どういったキャンペーンで利用促進されるのか、興味があります。

------------------------------------------

ユニー・ファミリーマートホールディングスが、7月に始めるスマートフォン利用の電子決済「ファミペイ」で、電子マネーの残額が足りなくても買い物ができ、代金は後払いで済むサービスの導入を検討していることが25日、分かった。

 クレジットカードと連動させる仕組みではなく、電子マネーで決済した顧客の購買データで信用度を審査し、利用可能枠を設ける。

(livedoor 2019年1月25日)
-------------------------------------------------------- 

iDキャッシュバック応募キャンペーン

iDは今まで利用するきっかけがありませんでした。

docomo系列という印象があるので、
あんまり考える機会がなかったのです。

でも最近、QUICPayを使うようになり、
後払い式の電子マネーというのは
便利なものだということがわかり、
iDは確か後払い式だというのがあって、
以前よりは、キャンペーン情報などに目が行くようになりましたね。

今度のiDのキャンペーンは、
対象店舗で累計2000円を使った人なのですが、
このキャンペーンに回転すしの「はま寿司」が含まれているそうです。

はま寿司であれば、
2000円以上のお会計になることも多いでしょうから、
キャンペーン応募の機会は多そうですよね。

------------------------------------------

キャンペーン期間中に対象店舗で、「iD」を累計2,000円(税込)以上ご利用の方。
※同一の「iD」でご利用された金額の累計2,000円(税込)を一口として抽選口数がたまります。
なお、複数口応募された場合でも、当選は1回のみとなります。
※名義が同一の場合であっても、iD会員番号が異なる場合は、ご利用金額を合算することはできません。

キャンペーン期間
2018年12月6日(木)~2019年1月31日(木)

特典
抽選で合計1,000名様に2,000円キャッシュバック!

(bitdays (プレスリリース) 2019年1月17日)
--------------------------------------------------------

アフリカの電子マネー利用率が高い

アフリカは低所得者が多く、
そういう方々は銀行口座を持っていない人が多いそうです。

現金でやりとりをするのだったら問題ないでしょうが、
それだとクレジットカード決済はできませんよね。

取りっぱぐれるのが金融機関としてはこわいので、
そういう方々にはなかなかお金は貸さないでしょうし、
カードもつくるのは難しそうです。

それがあって、スマホ所有率が85%に達した現在は、
最新のデジタル技術を利用し、
電子マネーをつかって支払うなど、
電子マネー決済が主要な決済方法になっているとか。

もちろんアフリカが、
地域によって、ひとによって、
普通に現代の暮らしをされていることは知っていますが、
また地域によって、山の中など大自然の中で、
自然に近しい暮らしをしているイメージも同時にあるので、
スマホ普及率がそんなに高くて、
電子マネーを駆使しているのは、
ちょっと意外な感じがしますね。

------------------------------------------

 アフリカの低所得層は銀行口座を持たない人がほとんどで、資金回収が最大のリスクだった。だが、ケニアではスマートフォンの普及率が人口の約85%に達し、人口の約70%が電子マネーを利用しているという。このため、最新のデジタル技術で電気を使った分だけスマホ決済するなどの環境が整い、「取りはぐれがなく、投資回収が可能になった」ことが新たな事業参画を後押ししている。

(Yahoo!ニュース 2019年1月6日)
-------------------------------------------------------- 

セブン銀行ATMでも楽天Edyチャージ

セブン銀行ATMでは、
Suicaチャージ、楽天Edyチャージと、
できることが増えていますね。

それは便利なのですが、
チャージする人は金額を満たしたいというのももちろんですが、
チャージすることによって得られるポイントも魅力を感じているので、
できれば、チャージでポイントを得られる手段を選びたいのです。

セブンATMでチャージできるのですが、
チャージでのポイントは得られません。
そこが難点で・・

でも、もちろん楽天Edyは
使うことによるポイントは得られるので、
それでよしとするべきか。

本当はセブンで使うなら、
セブンカードからチャージするのが一番ではあるのですが、
なかなか難しいですね。

------------------------------------------

セブン銀行ATMで「Suica」にチャージしたときと同じく、セブン銀行ATMで「楽天Edy」にチャージしてもポイントは獲得できない。そのため、「楽天Edy」のアプリを使っているのであれば、「楽天Edy」へのチャージ時にポイントが貯まるクレジットカードを使ったほうがいい。

(ダイヤモンド・オンライン 2018年12月27日)
--------------------------------------------------------

大戸屋の楽天POINT対応

大戸屋といえば、
全国的に良質の定食を提供していて、
利用者の年齢も幅広く、
人気のあるお店ですよね。

大戸屋は、これまでpontaカードで
pontaを貯めるかたちだったのですが、
今度それがなくなり、
楽天ポイントが貯まるようになるとか。

つまりPontaポイント加盟店から、
楽天ポイントカード加盟店へ移った
ということですね。

そういうことってちょっと珍しい気がします。

使えるポイントカードが増えることはあっても、
「変わる」というのはこれまであんまりあったことなかったですね、
全国的には多いことなのでしょうか。

これまでpontaポイントを貯めてきていた人が、
急に大戸屋で食べるメリットがなくなるとか・・・

しかし1食でのポイントはごく小さいでしょうから、
そんなことでお店を変えたりはしませんよね。

------------------------------------------


19日、株式会社大戸屋が楽天株式会社と提携し、来春から「大戸屋ごはん処」全国の店舗で楽天ポイントカードが利用可能となることを発表した。

「大戸屋ごはん処」が楽天ポイントカードの対応を始めるのは2019年4月1日を予定している。

また、楽天ポイントカード対応開始と入れ替わりに、2019年3月31日をもってPontaポイントの対応を終了することも決定している。

(大人のクレジットカード 2018年12月20日)
--------------------------------------------------------

キャッシュレス決済のドラッグストア

キャッシュレス決済の便利さは、
実際つかってみると本当にわかり、手放せなくなります。

おサイフケータイを使う習慣がわたしはなかったですが、
このごろ、iPhoneのアプリで、
QUICPayを利用するようになり、
できるだけこれで使っていきたいと思うようになりました。

いつもいくドラックストアでは、
楽天関係のポイントや決済が充実していて、
ほんとうはiPhoneにアプリを入れておければよいのですが、
その環境は整っていないため、
ここはカードでなんとかしています。

九州では「ドラッグ新生堂香椎駅前」に
ドラックストアキャッシュレス店ができたそうです。

こちらはきっと、利用可能な決済が
まとめてキャッシュレスになるような仕組みなのでしょうね。

利用者のことを考えていて、
運営側も集約できて便利なシステムになると思います。

------------------------------------------

 ドラッグ新生堂香椎駅前では、バリューデザインが提供する電子マネー発行システム「バリューカードASPサービス」を利用した会員向け電子マネー、ポイントサービス「ハッピーカード」を発行している。今回、ハッピーカードへの電子マネーチャージ機としてCZ-20シリーズを採用。この導入によって、新生堂薬局では迅速なキャッシュレス決済環境を整えたことになる。

(ニフティニュース 2018年12月12日)
--------------------------------------------------------

PayPayによるオンライン決済

PayPayという新しい決済が、
最近話題になっています。

ソフトバンクとYahoo!が共同出資しているので、
それぞれのサービス内で、
共通に利用できる決済サービスとして、
成長させるようですね。

まず、Yahoo!ショッピングと、
ヤフオクで利用できるようになったそうです。

また、アスクル運営の「LOHACO」でも、
4月から利用可能とのこと。

Yahoo!とソフトバンクはTポイントがたまるので、
それとも関連させていくのだとか。

今後、便利さが拡充されていきそうですね。

それと、今、20%OFFぬとかのキャンペーンもやっていて、
何かと話題になっている感じがします。

ちょっとトラブルもあったことも。
決済がスムーズにできなかったみたいなトラブルですよね。

とりあえず、スマホ決済でシェアを取ろう、
という戦略のようですね。

------------------------------------------

スマホ決済サービス「PayPay(ペイペイ)」がオンライン決済に対応。2019年2月より「Yahoo!ショッピング」「ヤフオク!」で、2019年4月よりアスクルが運営するECサイト「LOHACO」でも使用できるようになる。あわせて一部特典TポイントをPayPay(電子マネー)での付与に変更する。なおPayPayは「100億円あげちゃうキャンペーン」を12月4日より実施する。

(Beyond(ビヨンド) 2018年12月6日)
--------------------------------------------------------

ギャラリー
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ